イベント

HOME» イベント »2021年度ベストバディのサマーキャンプ

イベント

2021年度ベストバディのサマーキャンプ

奥志賀アドベンチャーキャンプ

会員限定

2021年度ベストバディのサマーキャンプ決定!

7/26(月)~7/30(金)

対象:小学生

『SDGsを考える、体験する、未来へ進む』

プログラム6つのポイント

 -日常生活・体験が最も効果のある学びの場です。
 

<POINT 1> 下調べと準備を初日に実施します。自由研究ブックの骨子を作成し、奥志賀ではそこに現地で発見したものや発表したもの、絵日記などを追加していきます。キャンプ終了後に現地での写真をまとめることで夏休み終了時には自由研究ブックが完成します。

今回のテーマであるSDGsについて、17のゴール全体を知ることで、これらのゴールは包括的に関連しているということを理解してもらい、特にNo15 陸の豊かさも守ろう について今回のアドベンチャーを通して理解を深め、子供たちの意識を高めます。

太古の原生林が残り奥志賀の自然の中で、環境学習を通し、「自然と人間社会の共存」を学び持続可能な社会づくりの担い手を育成していきます。

7/26月は8:30-19:00@ベストバディ鷺沼Cでワークショップ ランチ付きです。

(7/26月はいったん帰宅となります。7/27火9:00に奥志賀に向かいます。)

SDGs、高級ホテルでの立ち居振る舞い、洋食におけるナイフとフオークの使い方、和食の一汁三菜、奥志賀の植物&動物、外来種と在来種、幼虫時代を水中ですごす世界的にめずらしい天然記念物の石の湯ゲンジボタル、とねんぼでは(郷土センター)平家伝説を教えてくれるかもしれないので平家の歴史なども事前学習します。

もちろん、持ち物や日程表の理解も。

旅は事前学習が最も重要。現地にいってからよりさらに興味が高まります。

そして、今年のカラー紺色の自由研究ブックとなるノートとベストバディアドベンチャーシリーズのTシャツが初日に渡され、気分は最高潮に!

やる気満々です。

<POINT 2> 原生林の奥志賀渓谷トレッキング・秘境秋山郷探検・横手山スカイテラスでの大自然体験 
 

1,500万年前に海底が隆起してできた緑色凝灰岩(グリーンタフ)が川底を形成する雑魚川に沿って形成されている奥志賀渓谷には大滝(おおぜん)や三段滝、ハーモニカ滝と言った見どころが凝縮されています。奥志賀渓谷遊歩道を歩きながらブナ林、「三段の滝」、「ハーモニカの滝」、奥志賀渓谷で最も大きい滝である「大滝(おおぜん)」や「グリーンターフ」を含めての、ハイキングは子供たちに感動と、体力・気力の鍛錬になるはずです。そしてその達成感は子供たちを一回りも二回りも大きくさせるでしょう。

高山植物の観察も実施します。植物図鑑も自由研究ブックに記載していきます。

白樺の樹液はキシリトールガムの原料です。これは白樺ではなくダケカンバ!PictureThisのアプリも使って調べます。ITも駆使します。

なんといっても、吊り橋挑戦はドキドキです!こんなの渡れる?でも眼下にはものすごいきれいなグリーンブルーの渓谷です。渡りたい、でも怖い~

最終日に予定されている、横手山スカイテラスでは、雲海を見れるかもしれません。漢検9級テキスト(小2)にでてきた言葉の中で一番みんながわからなかった言葉ですね。

日本一標高の高いパン屋さんでランチを買って食べます。高原の涼しい風にあたりながら食べるパン屋さんのパンはおいしいです~ お金の使い方もショッピングで覚えます。

 
<POINT 3> 英語で森林キッズヨガ
 
英語でキッズヨガをします。
ブナや白樺の若々しい緑と高山植物の可憐な花々に彩られて、清らかな美しさに溢れます。まるで大気そのものに”生命” が漲っているかのようです。マイナスイオンをたっぷり味わいながらのヨガは、子供たちが一日歩き疲れた体の整理体操になると思います。おしゃれな整理体操ですっ(笑)
 
  
担当予定インストラクター:Ms Naray Jayadevi
パナマ生まれ、コスタリカ育ち、2003年に高校生の時に留学生として初めて来日。日本が好きになり日本の大学、大学院に進学して機械工学や人工知能を学ぶ。大学院時代にヨガに魅力されヨガの練習を始め、2014年に日本で初めてTTCを1年間受講した。2018年から3年かけて世界的に有名なDona HollemanのCentered Yoga TTCをヨーロッパで受講し、2020年にInternational Centered Yoga Association認定 Dona Holleman による3年間のThe Beginners Course in English修了。
 
 
 <POINT 4> 天然記念物ゲンジボタルと星空観賞
 
志賀高原の石の湯ゲンジボタルは、最盛期の 7月中旬~8月中旬には幻想的な光の舞いを見ることができるそうです。降り注ぐような満天の星空もあわせて楽しめます。
ゲンジボタルは日本にしか生息しない大型のホタルで、 幼虫時代を水中で過ごす世界的にみて大変珍しい生態をもつホタルです。 (蛍の仲間は世界中に約2000種類いますが、幼虫時代を水の中で過ごすのはそのうちの 数種類だけなのです)
石の湯の岩倉沢川は日本一標高の高いゲンジボタル発生の地として知られています。(標高約1650m) 岩倉沢川には岸辺から湧き出した温泉が入り込むため、水量を安定させると共に、幼虫のエサとなる カワニナを大量に発生させる為、標高の高い志賀高原でもホタルが観察できる要因となっています。
平成20年3月に志賀高原石の湯のゲンジボタルは国の天然記念物に指定されました。
水と緑ときれいな空気、そんな志賀高原の大自然の中、満点の星空の下、幻想的な光の観察が楽しみです。
初日に事前学習していきますので、当日はそれらの確認体験です。
 
 
 <POINT 5> 飯盒炊飯から、山弁当、山菜定食、一汁三菜、そしてイタリアンのテーブルマナーまで
 
 
毎日の食事は、バラエテイにとんだ体験でめじろおし!
・自分たちでSDGsを意識して最低限の資源で火をおこしてつくる飯盒炊飯
・大自然で食べる質素な山弁当がどんなにおいしく感じるかの体験
・山菜とは何?そしてどんな味?
・イタリアン料理(洋食)でナイフ&フオークの使い方やお皿の並べ方を学ぶテーブルマナー講座付きの夕食、そして正しい和食の配膳も学びます。一汁三菜の読み方、配膳のしかた正しく知っていますか?
 
中学受験の実際の入試問題にも、地域の産業の問題からテーブルマナーの問題がでています。
 
 
 
 <POINT 6> ホテルグランフェニックス奥志賀 
 
 
世界の貴賓が宿泊される格式高いホテルに、ご縁があり、Kids用にアレンジいただきました。そしてそこになんとアドベンチャーもくみいれていただけたのです。
子どもたちに、奥志賀の大自然を本当の意味で知ってもらいたい、奥志賀SDGsのテーマでもある「自然と人間社会の共存を学び持続可能な社会づくりの担い手を育成すること」に深く思いをよせていらっしゃり、今回のコラボとなりました。
ホテル内の調度品も子どもたちにとってよい情操教育です。
なによりもコロナ禍での対策がしっかりしているのと、宿泊するお部屋の空間が広くキープデイスタンスを保てるということも安心です。
 
ホテルでは、マナーよくお上品にふるまい、そして大自然ではおもいっきりいえ~いといつものBBキッズ元気いっぱいアドベンチャー!
TPOに合わせたふるまいの訓練ですね(^^)V
 
 
旅行企画・実施:タビックスジャパン
プログラム企画・運営:ベストバディ株式会社
協賛:ホテルグランフェニックス奥志賀
 
 

会員限定

お申込み・日程表・料金・条件などは、こちらをご参照ください。

会員サイトでお知らせしているPWでログインをお願いします。

コロナ禍対策はこちら

 

*初日はべストバデイ鷺沼キャンパスでワークショップ、奥志賀への集合解散はベストバデイたまプラーザキャンパスです。

*ベストバディスタッフが2名同行します。(うち一人は英語ネイテイブスタッフ)参加人数によって3名になります。現地ではベストバデイスタッフに加えて、ガイドも1~3名同行(計3~7名)します。

*『自由研究ブック』を作成しながらの学習についての詳細は参加者の皆様におって連絡します。

*天候などによって日程など変更になる場合もあります。

*写真は奥志賀での実際のイメージです。 

2021/06/28

イベント

ベストバディ株式会社

年少からアフタースクールご予約受付中

鷺沼キャンパスの2021年4月小1の現年長さんはご予約満席となり、完全募集終了となりました。現年中さんもお早めに体験・個別説明会をお申込みください。




 

BB流コロナ対策

キャンパスアクセス

【BestBuddy鷺沼】
〒216-0004
神奈川県川崎市宮前区鷺沼3-1-25
富士屋ビル3F

 

【BestBuddyたまプラーザ】
〒225-0002
神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-14-2
スクエアビル3F